目的の明確化と広がる効果

色見本

目的は成果を出す事

商品やサービス等を相手に効率よく伝達する手段といえばチラシを利用するのが定番です。これには、渡したり届けたりするアクション自体に相手に印象付ける効果と渡した後も相手の手元に残るために持続的な宣伝を期待する事ができます。また、チラシは掲載している商品の購入やサービスの成約を助ける事を目的とします。内容の宣伝自体は通過点でありゴールはあくまで成果を出す事ですので、その点を意識して伝えるだけのデザインではなくその商品が欲しくなるようなデザインを選ぶ事が重要です。チラシで伝えたい内容としてはその商品やサービス以外にもそれを提供している企業の連絡先やホームページが挙げられます。特にホームページのURLを記載しておけば、紙媒体であるチラシを糸口にしてより多くの宣伝をweb上で行う事も可能です。こうした段階的な集客を実現する事も現代におけるチラシの目的と言えるでしょう。

配布対象と追求する構成

宣伝にチラシを利用する上で注意すべきポイントとしては、そのチラシの内容を効果的な相手に効果的なデザインで伝えるという事です。物によって幅の広さは異なりますが、基本的に商品やサービスには対象としている客層がありますので、大量のチラシをむやみに幅広く配布するのではなく、宣伝する相手として見込みの高い客層を的確に割り出してピンポイントに配るのがコスト面においても効率的かつ効果的です。また、チラシのデザインはインパクトが強い程相手の印象に残りやすい事は確かですがそれがイコール販売数や成約数につながる訳ではないので、デザインにおいては訴求度よりも購買意欲をかき立てる構成を追求する必要があります。すなわち、そのチラシで宣伝する内容を伝えたい相手に伝わりやすいデザインを追及する事が重要ポイントです。